穴があったら入りたい?

今日の赤旗にこんな話が紹介されていました。

民主党の国会議員が、「穴にあったら入りたい」とこぼす。

労働者派遣法の改正案について、日弁連主催の集会に参加していた民主党議員(京野公子さん)のことです。



ある意味、この方は正直だったのかもしれません。

「使い捨て労働をなくそう」という世論を受けて作ったはずの民主党の労働者派遣法の改正案。
派遣労働を規制するはずの案なのに、現在の派遣労働者の8割を「対象外」とする、抜け穴だらけのものです。
そのことを正面から指摘されたことに対して、民主党国会議員が語った言葉が、上記の言葉です。

彼女は同時に、「もう閣議決定されたあとだから、やれることはない。すいません」とも語ったそうです。

これも正直に語ったということかもしれませんが、正直に語っていればいるほど、民主党の姿が正面から問われることになります。

「不十分だ」と認識していても、「財界との一致点がここだったんだ」といって「あきらめろ」としかいえない政党だということです。

日本共産党は、「使い捨て労働をなくそう」という国民の声とともに、労働者派遣法の抜本改正に全力で頑張ります。
[PR]
by yohimata | 2010-04-08 22:28 | 新しい政治へ
<< 高すぎる学費に苦しむ学生がなく... つぶやきはじめました/青森駅前商店街 >>