「比例伸び率全国一」の衝撃

日曜日の赤旗に、青森県が比例伸び率全国一位だという記事が載りました。

c0159388_20135424.jpg


その秘密を探る・・・というような記事ですが、TPPや原発などで論戦が明確になり、注目と期待が寄せられたことがレポートされています。

全国すべての都道府県で、共産党は得票そのものを伸ばしましたが、そのなかでも青森は、

得票率の伸び率が、全国1位。
得票数の伸び率が、全国2位。
自民党との比較で、伸ばした票数が全国2位。

という到達をきずくことができました。
六ヶ所村や大間町、東通村など、原子力関連施設の立地自治体を含む全市町村で得票数そのものを伸ばしたことも、大きな成果だったと思います。

記事では、原発やTPPの問題に触れられていますが、私としては、ネットを活用したとりくみでも、大きな注目が寄せられたということも感じています。

もとより、私たちの志から言うとまだ一歩。
自民党の暴走を許さず、対案をしめして奮闘し抜き、「共産党が伸びてよかった」と思ってもらえるような、そんな成果をひろげていきたいと思っています。
[PR]
by yohimata | 2013-08-06 20:14
<< ”第3の躍進”を本格的なものに! ネット選挙を振り返る >>