暫定税率復活に道理はない!

吉俣です。青森なのに4月が終わったばかりなのに、とても暑い毎日です。

昨日(4月30日)、暫定税率の復活を許さない街頭宣伝をおこないました。
私は、①「道路特定財源は来年度から一般財源にする」といっているのに、10年延長に道理がないこと、②3月までの議論と違い、いったん廃止された暫定税率を復活させることは、国民生活に新しい負担を押し付けることになること、③「地方のため」というが、政府の道路建設が地方財政を逼迫させてきたことは政府も認めていることであり、さらに、地方が困っているのは、地方交付税の削減に端があり、道路だけにしか使えない財源を増やすなどという気持ちの狭いやり方に道理がないこと、の三点から語りました。

暫定税率の復活は、衆院で強行されました。日本共産党は国会に出て、しっかりと議論をしたことは大事だったと思います。

昨日の街頭宣伝は、1つのテレビと複数のマスコミが取材に来ていました。久しぶりにマスコミの取材を受けたのですが、いま確認したのは「しんぶん赤旗」の他は一紙だけ。掲載されたものを見落としたかな・・・
[PR]
by yohimata | 2008-05-01 14:54 | 吉俣が行く!!
<< メーデーと花見 子どもやお年寄りに、医療の貧困... >>