<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ネット選挙を振り返る

今度の参院選は、「ネット選挙元年」などと言われ、これまでの「べからず選挙」から一新された選挙戦でした。選挙をたたかった私自身は、「選挙の風景がかわった」という実感をもちました。

各紙でいろいろな評価がでていますが、おおむね、ネット選挙では自民党と共産党が群を抜いていた、ということになっているようです。
私は自民党のゲームはやったことはないで不正確な認識ですが、印象としては、ぴょんぴょん跳ねるゲームをつくることが、有権者の模索と関心にどうこたえることになるのかさっぱり分かりません。

その点、日本共産党の「カクサン部」は抜群だったと思います。

いわゆる、ゆるキャラで入口のハードルは低いものの、中身はまっとうど真ん中。経済対策、消費税、TPP、原発、子育て、沖縄、憲法など、あらゆる分野で日本共産党の政策を届ける(拡散する)役割を果たしぬきました。

日本共産党青森県委員会も、新しい発信の武器をつくってみました。
それが、ネット番組「いいね!共産党」
私のツイッターやフェイスブックで語ったことをネタに、スタッフが気軽につぶやくというスタンスでやりました。短い時間で見れるもの、つくるためにあまり手間をかけずにスタッフの負担にしないもの、などと考えて取り組みました。

メインキャスターになった2人の良さがひきたって、とても好評のうちに終わることが出来ました。
再生回数は、常時200~400回に及びました。
「終わらないでほしい」と各方面から声が寄せられていますので、必ずリスタートするつもりです。

私自身がSNSの活用を通じて感じているのは、上記のような「何を発信するか」も大事にせよ、それは2割ぐらいで、残り8割は日常的に信頼をひろげられるかどうかにかかっていると思いました。
舞台がネットでも実際生活の上であっても、日常的な信頼と交流がなければだめだ、というのが実感です。

何よりもネット選挙では、候補者の素顔と実力がより一層問われると思いました。
より精進して、がんばりたいと思っています。
[PR]
by yohimata | 2013-07-26 16:29

参議院選挙で日本共産党は大躍進

7月21日投開票でたたかわれた参議院選挙で、日本共産党は大躍進を果たすことが出来ました。

「比例5議席絶対確保」の目標を達成。
東京、京都、大阪の三つで選挙区で議席獲得。
合計8議席で、非改選3とあわせると11議席に躍進です。

選挙の結果、自民党が参院でも多数を握るという状況になりました。
いわゆる「ねじれ解消」ということになったわけですが、国民と自民党政治のねじれがなくなったわけではありません。むしろ深まっているとすら思います。
共産党が参院選で躍進し大きくなったこの力を足場に、安倍内閣の暴走を食い止め、国民要求の実現へと全力でがんばります。

青森県でも、「政局と一線を画してきた共産党の得票は前回を大きく上回り、野党の中で存在感を示した」(デーリー東北)と前進の波をつくることができました。

比例は47,484票(9.3%)。
前回参院比1.6倍です。
他党との力関係でも、全県で民主党に次ぐ第4党に。
弘前市、今別町、蓬田村、藤崎町では、自民党に次ぐ第2党。
青森市、黒石市、平川市、大鰐町、田舎館村、横浜町では、公明党に次ぐ第3党。
青森市では公明党との票差は55票でした。

選挙区は48,290票(9.5%)。
前回参院比1.5倍でした。
順番こそ下から2番目(第5位)でしたが、得票数は10年来の、得票率は20年来の到達点です。

政党間の力関係に変化をつくり、新しい政治を切りひらく端緒を切りひらくたたかいだったと思います。

課題も多いのですが、手ごたえも十分な結果でした。
ネット選挙についても、各紙から「最も積極的だったのが吉俣だった」と評価をいただいていますが、その点はあらためて書きたいと思います。
[PR]
by yohimata | 2013-07-24 16:40

青森選挙区の予定候補の動画

青森選挙区で立候補を予定している6氏の動画がネット上で見れます。
いまの時点でみれるものを、紹介します。

青年会議所がとりくんだ公開討論会。
自民党候補は、街頭演説に出て欠席をしていたため、「討論会」というより「意見表明会」になった感じはします。
公開討論会

青年会議所などがとりくんだネット動画。
1問3分で、3問こたえています。
「e-みらせん」
[PR]
by yohimata | 2013-07-03 13:42

いよいよ参院選公示を迎えます

いよいよ明日から、参院選が公示されます。

安倍政権の好き勝手な振る舞いに正面から対決できる党、自民党政治にかわる新しい日本の道を示してがんばる党の真価を発揮して奮闘する決意です。

今度の選挙から、ネット選挙が解禁となります。
これまでは禁止されていた、選挙期間中の候補者のネット利用がOKになります。
ネット媒体をつかって、一票を呼びかけることも可能になります。
これを通じて、有権者の選挙参加の幅が格段にひろがることになります。
この分野で、県内の候補者の誰にも負けずにがんばる決意です。

政見放送の原稿をもとに、一票の呼びかけをはぶいたものを動画で撮ってみました。
ぜひ、参考にしてください。



また、日本共産党青森県委員会が、私のツイッターやフェイスブックと連動してとりくんでいるネット番組「いいね!共産党」も、ひきつづきがんばります。ぜひご覧ください。

ネット番組「いいね!共産党」

なお、選挙期間中、私のネットの活用はツイッターとフェイスブックが中心になります。そちらでよろしくお願いします。
[PR]
by yohimata | 2013-07-03 13:34

政見放送収録はあと一つ

参院選の公示まで、あと3日とせまりました。
いま、政見放送の収録を終えました。
県内に4社あるうち、3つを終えて、ラスト一つ。
これが終われば、あとは走り回るだけ、という感じになります。

いま収録した政見放送は、私の人生史上、最もいい収録となりました。
でも、あとで見直したら言い間違いや言い忘れがあったりして、まだまだいいものにするには先が長いです。

その政見放送で力を込めて訴えているのは、「間違った政治には立ちはだかり、対案をしめしてがんばる」という決意。
一つは、くらしと経済の再生。
二つは、TPP参加を撤回させること。
三つは、原発をすぐにゼロにする決断をさせること。
四つは、憲法を守り生かしぬくこと。
残り一社、全力で収録をやりぬき、見て納得してもらえる放送ができるようにがんばります。
[PR]
by yohimata | 2013-07-01 11:29