いよいよ参院選公示を迎えます

いよいよ明日から、参院選が公示されます。

安倍政権の好き勝手な振る舞いに正面から対決できる党、自民党政治にかわる新しい日本の道を示してがんばる党の真価を発揮して奮闘する決意です。

今度の選挙から、ネット選挙が解禁となります。
これまでは禁止されていた、選挙期間中の候補者のネット利用がOKになります。
ネット媒体をつかって、一票を呼びかけることも可能になります。
これを通じて、有権者の選挙参加の幅が格段にひろがることになります。
この分野で、県内の候補者の誰にも負けずにがんばる決意です。

政見放送の原稿をもとに、一票の呼びかけをはぶいたものを動画で撮ってみました。
ぜひ、参考にしてください。



また、日本共産党青森県委員会が、私のツイッターやフェイスブックと連動してとりくんでいるネット番組「いいね!共産党」も、ひきつづきがんばります。ぜひご覧ください。

ネット番組「いいね!共産党」

なお、選挙期間中、私のネットの活用はツイッターとフェイスブックが中心になります。そちらでよろしくお願いします。
[PR]
# by yohimata | 2013-07-03 13:34

政見放送収録はあと一つ

参院選の公示まで、あと3日とせまりました。
いま、政見放送の収録を終えました。
県内に4社あるうち、3つを終えて、ラスト一つ。
これが終われば、あとは走り回るだけ、という感じになります。

いま収録した政見放送は、私の人生史上、最もいい収録となりました。
でも、あとで見直したら言い間違いや言い忘れがあったりして、まだまだいいものにするには先が長いです。

その政見放送で力を込めて訴えているのは、「間違った政治には立ちはだかり、対案をしめしてがんばる」という決意。
一つは、くらしと経済の再生。
二つは、TPP参加を撤回させること。
三つは、原発をすぐにゼロにする決断をさせること。
四つは、憲法を守り生かしぬくこと。
残り一社、全力で収録をやりぬき、見て納得してもらえる放送ができるようにがんばります。
[PR]
# by yohimata | 2013-07-01 11:29

青森県の政党配置も自共対決

今朝の読売新聞に、私が駅前でおこなった街頭演説の一節が紹介されていました。

「都議選で第3党に躍進できた。政権批判としての受け皿が共産党、自共対決だと各界から声が寄せられている」。

文字通り、そういう実感をもっています。
青森県には6人の候補者が出ますが、それぞれの姿を通じて、自民党と対決し、対案を示せるのが共産党だということが分かり始めてきました。

原発については、私が「すみやかに原発ゼロへ。核燃料サイクル路線からも撤退を」と主張していますが、他はスルー。
デーリー東北は「原子力政策に関しては、吉俣氏が原発廃止などを訴えの柱に据えるが、他の予定者は目立った主張をせず…」と書きました。

自民党が原発の活用を公言するもとで、これに正面からノーと言えるのは共産党だけ、という配置です。

経済についても、おもしろい論戦の到達です。
みんなの候補は、ただひたすら「規制緩和」と言います。青森に応援にきた江田さんは、「金融緩和はみんなの党が元祖」とおっしゃったそうです。語れば語るほど、自民党との一体ぶりがよく分かるのがみんなの党です。
私は、「本物の景気回復への道は、ズバリ、国民の所得を増やすこと」と言い、賃上げや雇用の拡大、社会保障の充実などを訴えています。

自共対決をしっかり勝ち抜いてがんばります。
[PR]
# by yohimata | 2013-06-28 14:58

東京都議選で躍進。そして青森では公開討論会

昨日23日(日)は、政治的な節目となる一日でした。

なによりも、東京都議選で第3党に躍進! 議席倍増17議席(前回は8議席)。
とっても嬉しいです。
全体像はよく分からないのですが、「自共対決」という国政の構図に加え、都政では「オール与党vs日本共産党」という対決構図が鮮明になったんだと思います。
参議院選挙でも引き続いてがんばらないと。

もう一つは、参院選青森選挙区予定候補の公開討論会が行われたことです。

自民党の候補者は欠席でした。
「多忙」ということですが、自民党衆議院議員のフェイスブックのページには、「これから一緒に街頭演説です」と書かれていました。公開討論会の時間は、東北町で街宣をしていたそうです。

あとの5名、共産・私、生活・現職、みんな、無所属(民主推薦)、幸福が参加しました。

私は「自民党欠席」という事態のもとで、「自共対決」をどう鮮明にするかを考えました。

第一に、安倍自公政権の暴走を食い止める立場をもっているかどうかです。
この点でびっくりしたのは、みんなの党の候補。
しゃべっていることが、そっくりそのまま自民党と同じ。道州制、TPP推進などなど。
私は、安倍内閣の暴走の典型として、原発推進とどう向き合うかを聞いたんですが、全部の候補者がスルーでした。

第二に、自民党政治をおおもとから切り替える対案をもっているかどうかです。
他党は、アベノミクスへの批判はでましたが、どうすればいいのかは、ちょっと分かりづらかった。
私は、「国民の所得を奪い『投機とバブル』をあおる経済政策から、国民の所得を増やす政治への転換」を訴えました。

青年会議所で録画をみれると思います。ぜひご覧いただきたいと思います。
[PR]
# by yohimata | 2013-06-24 11:20

農協から推薦状をいただきました

県内の農協組合長などでつくる農協農政対策委員会から、参議院選挙で私への推薦を決めてくれました。

昨年末の衆議院選挙で、高橋ちづ子衆議院議員(比例)と県内4候補の推薦をしてくれたことに続くものです。
農協のみなさんのTPPへの怒りの強さを感じます。

すでに、青森県社会保険労務士政治連盟からも推薦をいただきました。
いま、一人ひとりの社労士のみなさんのもとに足を運んでいますが、年金や労働法制の問題など、さまざま実情と思いを交流できます。

「推薦をもらったから票になる」という発想ではなく、農協で言えばTPPなど農政にかかわる課題、社労士で言えば年金や雇用の問題など、よりいっそう、一緒に課題解決へとがんばる協力をひろげていきたいと思います。

写真は、農協農政対策委員会からの推薦状。
c0159388_10163126.jpg


それを報じた、赤旗。
c0159388_10165748.jpg


さらに赤旗以外で報じてくれた唯一(多分)の一般紙の読売の記事。
c0159388_1017135.jpg

[PR]
# by yohimata | 2013-06-21 10:17

大間原発建設に反対する、現地集会に参加します。

明日6月16日、大間町で大間原発建設反対集会が行われます。私も参加する予定です。

私は、青森県には他県とちがう二つの特殊性があると思っています。

第一に、核燃料サイクル施設の集中立地、ということ。
これは再処理がうまく行かない限り――その上さらに、再処理後のプルトニウム循環と高レベル放射性廃棄物の処分方法の確立という壁がある――、実際上は、「青森県に使用済み核燃料が持ち込まれる」ということにしかなりません。「青森県を核のゴミ捨て場にするな」という不安がひろがっています。

第二に、原発の集中立地をこれから迎えようとしている、ということ。
全国には、一か所に原発が何基も立てられているところがいくつかあります。
その点で青森県は、まだ原発は1基しかありません。
ところが、今後、大間に1基、東通にさらに3基、原発建設計画があります。

「これまで」は原発集中立地だったところはいくつかありますが、「事故のあと、これから先」に原発の集中立地を迎えようとしているのは、きっと青森県だけです。

大間原発に関わっては、高橋ちづ子衆議院議員と吉井英勝衆議院議員(当時)とともに大間町長などと懇談し話をうかがったことがります。また、紙智子参議院議員とともに建設中の原発を視察にも行きました。
いま、原発ゼロの決断こそ求められているのに、新しい原発建設などとんでもありません。

大間原発建設反対の集会を大いにもりあげ、建設ストップへとがんばる決意です。
[PR]
# by yohimata | 2013-06-15 12:38

ネット番組「いいね!共産党」は好評の様子

この間、ネット選挙解禁ということで、この分野でマスコミから取材を受ける機会が増えています。

私は、ツイッターもフェイスブックも割合早い段階からはじめてきました。
情報発信にとどまらず、双方向のツールとして活用をさらにはかりたいと思っています。

ぜひ、そちらでもよろしくお願いします。

ツイッターはコチラ
フェイスブックはコチラ

事務所開きで、「私がとりくできたSNSを、より楽しくお届けするネット番組をやります」と告知し、翌日から「いいね!共産党」がスタートしました。
YouTubeの日本共産党青森県委員会のページにアーカイブが残っています。
それによると、「いいね! 共産党」の再生回数は50~300回。同じアーカイブに残っている私の事務所開きでの訴えは、10回ちょっと。注目度の違いを感じます(涙)

紹介しますので、ぜひご覧ください→コチラ
[PR]
# by yohimata | 2013-06-10 12:25

TPP反対集会に3000人

昨日、青森市でTPP参加反対を訴える県民集会が開催され、3000人が集いました。
農協、生協連、県漁連、森林組合が主催し、民医連や保険医協会などが共催しました。

TPP反対の意思を超党派で示した、とても素晴らしい集会だったと思います。

主催者を代表してあいさつした、JA県中央会の岡山会長は、「日米事前協議はアメリカ言いなりそのもの。安倍首相は『国益を守る』と言うが、一部の大企業の利益を国益と間違われては困る」と明快なあいさつ。

三村知事のあいさつも力強いものでした。「TPP断固阻止の旗のもと、ともに力を合わせ、思いを県内、国内ひ広げよう」。

国会議員で出席したのは、共産党の高橋ちづ子さんと生活の党の平山さんだけ。
高橋さんのあいさつは、圧巻でした。
「この期に及んで、『もし危なければ撤退する』とか、いい加減なことを言ってはいけません。『TPPは反対だが2国間のEPAやFTAは推進』というのも矛盾しています。TPPは日米FTAそのもの。いま必要な決断は、TPP参加の撤退そのものであり、ご一緒にTPP参加阻止へ全力をあげましょう」

なお、一部報道で、参議院選挙に向けた決起集会的雰囲気だったように報じられていますが、現場にいた私には、そんな感覚はありませんでした。
主催者が「今日の集会は参院選のために開いたものではない」と言った集会で、参院選予定候補の一人が、出口で握手作戦を展開していたと報じられているのですが、これが本当ならルール違反だとも思います。
[PR]
# by yohimata | 2013-06-06 10:02

自共対決を勝ち抜く決意を語りました

昨日(6月4日)、青森市で事務所開きを行いました。
その場でのあいさつを動画で撮ってもらったので、紹介します。




[PR]
# by yohimata | 2013-06-05 09:57

NO NUKES DAY に参加してきました。

6月2日、東京で開かれた、原発反対の集会に参加してきました。

2段階の参加になりました。
第一に、明治公園で開かれた「原発ゼロをめざす中央集会」に参加。
デモに参加したあと、国会周辺を包囲して行われた包囲行動に参加してきました。

どちらも、人がいっぱいで、音もよく分からず、なんかバタバタしている間に終わった感があるので、写真で報告します。

集会第一部は、さまざまな団体がブースを出展。共産党のブースでは、小池晃さんと東京選挙区の吉良さん、福島の青年との対談が行われていました。
c0159388_1449555.jpg


共産党ブースで小池さんらの対談が終わった後、その周辺にいた参院選挙区候補と東京都議選候補があいさつ。私もあいさつしました。写真は私が撮影したので写っていませんが。
c0159388_14501560.jpg


中央集会がスタート。
一言で言うと、「人、人、人」
そして、「晴、晴、晴」
それだけ、「原発再稼働反対」と熱気に包まれたということです。
c0159388_1452275.jpg


集会に参加した、諏訪県議と安藤県議(写真左から)
c0159388_14542062.jpg


集会が終わり、デモが終わり、国会周辺に参加したんですが、人も多く、何をやっているかも分からず、って感じだったので、とりあえず国会議事堂の写真をとってきました。
逆行ですが。
参院選公示まであと1ヶ月。この道を歩き通します。
c0159388_1455848.jpg

[PR]
# by yohimata | 2013-06-03 14:56