キャラバンは3週目が終わろうとしていますが、ブログは2週目後半の報告

前回、ブログを更新したのが4月17日。
今日が、4月26日。
間隔があいてしまいました。
その間、全県キャラバンは第三週も終わろうとしています。

前回は、4月17日まで報告しました。
4月18日は、一日中、打ち合わせと会議。
4月19日から4月21日までツイッターで振り返ってみます。
先週は雪だったんですね。

More
[PR]
# by yohimata | 2013-04-26 20:22

全県キャラバン・青森市と外ヶ浜町

全県キャラバンは第2週目に入りました。

月曜日と火曜日は、青森市内と外ヶ浜町を動きました。
街頭宣伝とともに、商店街や各界を訪問して歩きました。

青森市長選で、日本共産党が自主支援した鹿内氏が、自民党丸抱えだった自公推薦候補を撃破し再選を果たしたことがどこでも話題になっています。

東奥日報は、「結局、知名度の勝負だった」とふりかえり、みずからが自民候補をあとおしする記事を連打してきたことを忘れたかのように市民に責任を転嫁していましたが、市民感覚はまったく違いました。

「自民候補が『国政・市政とのパイプ』しか語らなかったのはダメだ」
「相手候補の批判ばかりで、何をしたいのか見えてこなかった」

の声がいっぱい寄せられました。

なかには、「生活を苦しめ続けている自民党が勝てるわけないじゃないか」と喝破した商店主も。

市民の声は、なかなか健在です。

例によって、ツイッターをまとめる形で報告します。

More
[PR]
# by yohimata | 2013-04-17 11:51

全県キャラバン・弘前市と五所川原市で

全県キャラバンがスタートし、
月・火は八戸市へ(内容は、前回書きました)、
水曜日は雪害問題で県への申し入れと会議、
木曜日は国会で、紙智子参議院議員と東北6県の参院予定候補による政府交渉でした。
政府交渉については、後日、報告します。

昨日(金曜日)と今日(土曜日)は、弘前市と五所川原市で行動。
昨日は、安藤県議とともに懇談や宣伝。
今日は、花田市議(五所川原市)とともに宣伝でした。
定例の会議の曜日を変更したこともあるのですが、曜日感覚が完全にずれています。
昨日、金曜行動だったことも、みなさんのツイートをみて思い出すぐらいです。

いかん、いかん。

昨日と今日の行動について、ツイッターから転載して紹介します。

More
[PR]
# by yohimata | 2013-04-13 18:50

全県キャラバンスタート

今週から、全県キャラバンをスタートさせています。
先週は、〔当直→東京→会議〕というサイクルと2回やって一週間が終わる、という怒涛の日々だったのですが、キャラバンがはじまると、さらに怒涛になっていきます。
がんばるしかないですね。

月曜・火曜は八戸市で活動しました。
今日は青森市で、午前中に、リンゴの雪害被害について県に申し入れをした後、会議でした。
月曜・火曜の活動について、ツイッターにつぶやいたものをまとめて紹介します。

More
[PR]
# by yohimata | 2013-04-10 18:08

紙智子参議院議員とともに、建設中の大間原発を視察してきました

3月28日、紙智子参議院議員、諏訪益一県議らと一緒に大間原発の視察にいきました。東日本大震災と原発事故の影響で止まっていた建設工事は、昨年10月に再開しています。
c0159388_12314045.jpg


建設現場は、1000トンまで運ぶことができる超巨大クレーンがそびえ、頻繁に工事車両が行き交うなど、大変な賑わいぶりでした。「完成すれば、ここは埋めてしまうので地下に全部隠れてしまいます」と説明されたのは、海水をとりこむ取・放水設備。海抜12メートルの高さから、25メートル掘削し、施設をつくって、また埋め直す――ということですから、投入されるであろう巨大な労力を想像して圧倒されてしまいます。これだけの投資をしても、ちゃんと利益が出るぐらいに、原発は儲かるんだろうな、ということも想像しました。
c0159388_12315049.jpg


建設現場をみればみるほど、原発プロジェクトの巨大さを感じます。
しかし、そうであればあるほど、ネズミによって冷却不能になった福島第一原発の配電盤のずさんさが情けなくなります。
「電力会社は、こんな巨大開発をやる前に、福島の事故収束へ力を注げよ」というのが率直な感想でした。

More
[PR]
# by yohimata | 2013-03-30 12:06

昨日と今日はTPP。今日と明日は大間原発

久しぶりに、ブログの設定画面を開きました。

コメントとトラックバックが、「禁止」となっていました。

いつからだろ・・・

承認制ということで訂正しました。禁止させていた自覚はなかったんですが、失敗です。

さて、昨日と今日、JAなどがTPP反対の宣伝にとりくんでいます。私もその場にいって「がんばりましょう」と声をかけてきました。
今日・明日、紙智子参議院議員とともに、大間原発の視察です。
[PR]
# by yohimata | 2013-03-27 11:29

自民党市政復活を許さず、市民のための市政前進をめざして、鹿内市長を自主的に支援します

青森市長選挙が4月に迫り、青森市内は政治宣伝があふれてきました。

4年前、長らく自民党市政のもとにあった青森市政は、鹿内市長の誕生で切り替わりました。
いろいろ問題がありましたが、特に、側近政治は大変な弊害でした。それを鹿内市政は転換し、市民の声で政治を動かすようになっています。今度の選挙で立候補する自民党候補は、「『市民が主人公』は結構だが、スピード感・リーダーシップが失われた」と言いますが、そのリーダーシップのもと、腐敗と側近政治をはびこらせたのは自民党市政です。
私は、この転換は確実だったと思います。
同時に、鹿内市政にさまざまな問題があったことも事実で、私たちも厳しく対峙してきた部分も少なくありません。

4月の市長選挙では、自民党市政の奪還を許さず、市民のための政治を前進させるために、鹿内市長を自主支援することにしました。

以下、3月21日に発表した見解です。

【見解】
[PR]
# by yohimata | 2013-03-22 20:41

TPP交渉参加撤退を求めて

15日、安倍首相がTPP交渉への参加を表明しました。

感想その1。
合理化論のすべてが、野田首相時代とまったく同じだったことにビックリしました。
「環太平洋を囲む巨大な経済圏の形成に乗り遅れるな」とか、「将来的にアジア太平洋全体の経済連携をめざすとき、日本がルール作りに遅れてはならない」とか、「農業への影響が試算されているが、これは農業対策を何もしない時の数字だ」とか。
TPPという対米従属の前では、悪政の合理化は同じセリフでしか言えないのか、と思いました。

感想その2。
公約違反も甚だしい、ということ。
首相は、「国家百年の計」とまでいいましたが、「だったら何で衆院選で言わなかったのか」と思います。百年の計を国民に隠して、総選挙で政権をついた自民党――という汚点を残したスピーチでした。

感想その3。
追い詰められたのは、安倍首相と自民党だということです。
首相は、「これがラストチャンス」と言いました。私には、公約を守るラストチャンスを自ら破ったようにしか聞こえませんでした。
「聖域なき関税撤廃が前提ではないことがはっきりした」と言いますが、その言質は今後、交渉国との関係で問われてきます。国民には公約破りを糊塗するセリフとして問われてきます。国際的にも国民との関係でも、このセリフが、今後、安倍首相の足を引っ張ることになるでしょう。

TPPは、多国籍企業の儲けのためなら、関税も国民のくらしを守るルールも踏みにじるもので、百害あって一利なし。交渉参加撤退へ、さらに決意を高めました。
[PR]
# by yohimata | 2013-03-18 18:45

街頭宣伝の様子/TPPについて

TPPについて語っている街頭宣伝の様子を動画におさめてみました。
舌足らずな部分はありますが、ぜひごらんください。


[PR]
# by yohimata | 2013-03-09 19:52

紙智子参議院議員を迎えて

週末になると豪雪風に見舞われる青森県内です。
先週はそんな雪のなかをついて高橋ちづ子衆議院議員と(弘前市)。
今週は紙智子参議院議員と(青森市)。
連続して、国会議員とともに「つどい」に参加してきました。
いずれも、弁士が会場につくのもやっとでしたが、参加されたみなさんも足元が悪い中、たくさんおいでいただきました。本当にありがたいはなしです。

この間、日米首脳会談が開かれ、安倍首相が事実上のTPP交渉参加を表明するという事態になっています。
衆議院議員の7割が「TPP参加反対」と言っていた公約はなんだったのか。
安倍首相は、「聖域なき関税撤廃ではないことが明らかになった」といいますが、どこをどうみても、「全品目を交渉で決める」ということが明らかになっただけで、安倍首相の言い分は、黒を白と言っているにすぎません。
自民党に公約をまもらせ、TPP反対の国民共同をさらにひろげてがんばります。

紙智子さんと一緒に手をあげている写真を紹介します。

c0159388_12575827.jpg

[PR]
# by yohimata | 2013-03-04 12:58