人気ブログランキング |

春はもうすぐ

吉俣です。

今日、弘前市で「春闘決起」「くらしを守れ」と市民集会が開かれました。会場は弘前公園前。雪でした。

c0159388_22155483.jpg


私はあいさつで、「いま、政党と政治家に3つのことが問われている」とし、「雇用と景気」「ソマリアへの自衛隊派兵など平和の問題」「政治とカネ」について、次のように語りました。

「雇用と景気」・・・志位委員長の質問で、現行の労働者派遣法の枠内でも、政治と行政がやる気になれば、道理ない「派遣切り」は食い止めることはできる。生活相談にものって、労働者と一緒に雇用を守るたたかいを頑張りたい。
「平和の問題」・・・いま、ソマリアには根本治療が必要。対処療法としても効果がない自衛隊派兵ではなく、憲法9条をもつ日本でこその平和外交を。
「政治とカネ」・・・民主党の「開き直り」と「逆切れ」も、自民党総裁の「他人事」態度も、どちらも、カネの力で政治がゆがんだかもしれないことへの認識が感じられない。企業・団体献金を禁止し、政党助成金もなくし、清潔な政治を。

最後に、次のように訴えました。

今日は寒くなりましたが、春は必ず来ます。春を呼び込むだけ、運動を大きくひろげ、ご一緒に頑張りましょう。





民主党からも来賓のあいさつがありました。彼は、「大物政治家にも『政治とカネ』の問題がわきあがっているが、官僚である検察は公平であったためしがない」などと語り、「それを正すのも政権交代だ」とおっしゃっていました。民主党は、党首がああいう態度だからか、どうも、問われている問題への真摯な姿勢が感じられません。そう思うのは、私だけでしょうか・・・
by yohimata | 2009-03-26 22:15 | 吉俣が行く!!
<< 新年度がスタート。弘前市の演説... 「起訴の事実は、限りなく重い」 >>