青年と語り合い、「核兵器も戦争もない21世紀を」と

吉俣です。

今日は弘前市で、「青年のつどい」に参加してきました。
できるだけ私は「聞き役になろう」と思って、青年の声を聞いてきました。雇用の切実さなどがあるとともに、平和への願いを強くもっていて、「世界の平和の流れが大きく変化しはじめたときに、それを前向きに働きかけられる共産党に期待したい」と語られました。「核兵器も戦争もない21世紀へ」と大きく舵をとれる、日本外交へと努力したいと思います。

核兵器廃絶の問題で、志位委員長がオバマ米大統領に書簡を送り、それに返書が届いたことは知られるようになってきましたが、先日、アメリカ大使館で行われた、独立記念のレセプションに志位委員長が招かれて参加しています。そのときの記者会見の様子が、党中央のHPにあがっていたので、紹介します。


[PR]
by yohimata | 2009-07-05 21:52 | 吉俣が行く!!
<< 「政治とカネ」疑惑は、しっかり... 東京都議選が告示 >>