キャラバン8日目は五所川原市

吉俣です。

今日は日差しがさしっぱなしでした。その下で、五所川原市内を街頭宣伝しました。
途中、津軽金山焼を訪問し、松宮亮二さんと言葉を交わしてきました。私はあまり焼き物には詳しくないのですが、印象に残ったのは窯場がオープンになっていることです。松宮さんに聞いても、アーティストと市民の交流こそが大事だと思ってこういうスタイルにしている、ということでした。さまざま面白い話を聞いてきました。

「選挙近し」ということで、数日前、県政記者室にお邪魔し、プロフィール会見をやってきました。選挙になれば、候補者の横顔が各紙に載りますが、それを書く材料を提供できるようにする会見です。

そのときに、「趣味は?」と聞かれて、「読書」と答えました。読んでいるものを聞かれたので、「小説で言えば」ということで紹介したのが、海堂尊さんと北村薫さんのお二人の名前をあげました。

北村薫さんは、俗に「ベッキーさんシリーズ」と呼ばれてるものが印象に残っています。いままで、『街の灯』『玻璃の天』の二作が出されていましたが、新作の『鷺と雪』が出ていました。読みたいけど図書館でなかなか読めないから・・・と思っていたら、同作が直木賞を受賞したという報道が。ということで、直木賞受賞記念にと勝手にお祝いする気持ちで、この本を買ってきました。
いま帰ってきたばかりなので、まだページは開いていませんが、早く読みはじめたいと思っています。
[PR]
by yohimata | 2009-07-16 22:15 | 吉俣が行く!!
<< キャラバン9日目は下北。幹部会声明 キャラバン。5日目~7日目 >>