高橋ちづ子・前衆議院議員とともに

吉俣です。

今日は、高橋ちづ子さんが、国会解散後はじめての青森県入りしました。
ちづ子さんは、朝から、事業所の朝会・弘前市で街頭演説・青森市で記者会見・青森市で街頭宣伝・板柳町で農業委員の大会・青森市で懇談・青森市で決起集会というハードスケジュール。明日、明後日も青森県内でフル回転の予定です。
私も、今日と明日はほとんどの日程をご一緒させてもらいます。

日本共産党は、民主党中心の政権ができる可能性が高い選挙後の国会で、「建設的野党」の立場でがんばります。良いことはいい、悪いことはダメとはっきり言い、国民の利益にかなうことは積極的に政治を動かす役割を果たすためにがんばるつもりです。
考えてみれば、この役割は、高橋ちづ子さんが果たしてきた役割でもありました。
後期高齢者医療制度、障害者自立支援法、薬害肝炎の問題・・・などなど、ちづ子さんが、時には与野党の橋渡しもしながら、原則をつらぬき、柔軟性をもって国会を動かしてきた事例は少なくありません。自民党・公明党政権のもとでもこれだけの仕事ができたわけですから、民主党中心の政権になった場合、その力はますますパワーアップすることは間違いありません。いわば、「建設的野党」の力が試され済みの政治家が高橋ちづ子さんです。
今日、「ますます、落とすわけにはいかない」と気合を入れなおしました。
[PR]
by yohimata | 2009-07-24 21:54 | 吉俣が行く!!
<< 2区と3区 動画。志位委員長が再び来青 >>