人気ブログランキング |

必要なのは基地じゃない

沖縄県名護市の市長選挙で、基地建設反対を明確にかかげる候補者が当選しました。

新基地を押し付けられる側になってしまった人々の重い、重い審判がくだされました。
大きな民意が示されました。

この候補を日本共産党は推薦し、当選に向けてがんばりました。
同じように推薦したのは民主党ですが、なにかのテレビで表現していました。「あまり嬉しくなさそう」。
鳩山政権は、今度の選挙結果に示された結果を受け、「移設条件付きの普天間基地の移設」というやり方をキッパリあきらめ、撤去をもとめた本腰を入れた交渉をすべきです。

同じようにテレビを見ていると、名護や沖縄が基地問題で揺れていることが報じられています。
「基地容認派」といわれる人々の話を聞いていても、期待をしているのは基地が来ることじゃなくて経済開発だということを強く感じます。

必要なのは基地じゃない。

その沖縄の決意を強く感じます。

青森県にも基地があります。
三沢基地。
その基地に所属するF16戦闘機が、先日、海洋上に燃料タンクを投下するということがありました。
今日、三沢にいって抗議してきました。

「海はゴミ捨て場じゃない」

漁業関係者から聴いた言葉ですが、その言葉をそのまま、米側に伝えてもらうように防衛省の方に申し入れてきました。

それにしても、
米軍基地は、日本の安全を守るものではありません。
いまテレビで、沖縄のテレビキャスターが、「沖縄の人にとって、海兵隊が沖縄を守っている実感はない」と語っています。そうだと思います。日本にいる米軍で、一兵たりとも日本を守る任務をもった人はいません。
「鳩山政権は、ゼロベースというが、白紙には戻っていない」と語っています。
これもその通りだと思いました。

今日、三沢であらためて感じました。
F16の爆音。
爆音は日本を守る抑止力になったことは、一度もありません。
by yohimata | 2010-01-25 22:18
<< ハイチに何をしにいくつもりか 沖縄県民の声を聞け >>