雪のなかでも草の根で

「長いトンネルを抜けると雪国であった」とはうまくいったものだな、と今更ながら強く思いました。

昨日は、午前は平川市。青森市に帰ってきて、夜は十和田市。
今日は、朝からむつ市に向かい、青森市に帰ってきて、という一日でした。

昨夜は、七戸町から青森市に向かう有料道路のトンネルを抜けた途端、激しい雪にみまわれました。
同じ青森県とはいえ、いく場所によって天気が違ってきます。
そこで、「・・・雪国であった」と強く感じた、というわけです。

その雪の降るなか、連日、街頭宣伝をしているのですが、まだまだ回数が増えていきません。
マスコミは連日、「民主党の参院候補は誰になるのか」と報じていて、その物量に勝てるにはまだほど遠いですが、「草の根の宣伝力」と思ってハンドマイクを握る日々を続けたいと思います。

その民主党の候補者選び。民主党県連は、「自主性を発揮する」と県議3人から選びたいようですが、まあ結局は、本部が推す元テレビアナウンサーに落ち着くような感じみたいですね。

誰がなっても、今夏の参院選は、「政権交代」のスローガンで勝てた衆院選とは違い、政治の中身が問われることになります。
誰がなっても、民主党候補はディフェンディングチャンピオンであり超本命なわけですから、私は挑戦者。堂々と、新しい政治の中身をどうするのか、という点で論戦を挑みたいと思います。


「草の根の力」ということでは、昨日と今日、日本共産党に入党してくれる方がひろがりました。十和田市で一人、むつ市で二人。一緒に世の中をよくする仲間が増えることほど、嬉しいことはありません。

党員の広がりで、勇気百倍です!!
[PR]
by yohimata | 2010-01-30 21:46 | 吉俣が行く!!
<< 日本共産党員、大募集中!! 深まる小沢献金疑惑。政治責任究明を! >>