人気ブログランキング |

志位委員長の訪米

日本共産党の志位委員長の訪米が、今日で日程を終えたようです。
ワシントンでは、国務省の日本部長と会い、米軍普天間基地の無条件撤去などを求めました。

報道は、「議論は平行線に終わった」としています。
それはそうでしょう。
志位委員長も言っているように、「立場は違っても意見交換をすることが大事」と思います。

実は先日、青森県内の他党派の有力者と話をしました。
たまたま行き会って声をかけられた、という感じでしたが、その方が言うには、「どうせ共産党がアメリカにいっても、成果はないよ」とのこと。
私は、「そうだとしても、沖縄の思いをまっすぐ伝えることが必要ではないか」と言いました。
その方は、「そうかもな・・・」と言ったように私には見えましたが。

「立場は違っても意見交換をすることが大事」。

私も本当にそう思います。
ましてや、新しい日本を探求する時代ですから、県民の多くと、新しい日本の探求を立場の違いを超えて意見交換したいと思います。

ネット上で、TBSの報道をみつけたので、貼り付けておきます。


by yohimata | 2010-05-08 22:55 | 新しい政治へ
<< 演説をニュースタイルで 無条件撤去こそ >>