消費税増税に頼らなくても、社会保障充実と財政再建は可能です!

久しぶりに、駅前の商店街を、消費税増税ストップの提案をもって訪問してきました。
「消費税増税をやめさせるために力をあわせましょう」
「消費税増税をしなくても経済再生の道はあります」
と声をかけていきました。
次のような会話になります。

商店主「消費税をあげたら店を閉めるしかない」
吉俣「そうですよね。だいたい、商売をつぶして、個人消費を冷え込ませてしまえば、財政再建どころの話じゃなくなります」
商店主「でも、消費税をあげないと、日本はダメになるんでしょ?」
吉俣「いやいや、消費税を上げたら日本はダメになります」

この話は、どこでも共感してもらえました。
消費税増税に道理がないことが、商売やくらしの実感で共感になることが分かりました。

また、
商店主「でも、消費税をあげるしかやり方はないんじゃないの?」
吉俣「それがちゃんとあるんですよ。公平な負担になっていない大金持ちや行き過ぎた減税を大企業にあらたにやるようなことをやめることが第一歩です」
ってな話をすると、ここから対話が弾みます。

また、「消費税云々以前に、この景気をなんとかしてくれ」とも言われます。
この点でも、「消費税増税で景気を悪くすることはやめさせましょう」ということとともに「国民の所得が増え、社会保障が充実されてこそ、経済が回復します」と対話が弾みます。

「でも決まってしまうんだよね」というあきらめの声もあります。
吉俣「国民の6割の反対の声があるから、国会内でごたごたがはじまった。カギは消費税増税を許さない国民世論です」といい、「一緒にがんばりましょう」と言ってきました。

消費税増税に頼らず社会保障の充実と財政再建の道があることをしっかり伝える共産党のがんばりをもっともっとひろげないと、と思いました。
[PR]
by yohimata | 2012-04-07 17:59
<< 「TPP交渉ノー」の声 うずまく 紙智子参院議員(農漁民局長)を... >>