昨日の志位委員長の質問はすごかった

ツイッターやフェイスブックを日常活動にしていくなかで、なかなかブログの更新をしなくなりました。

それにしても、昨日の志位委員長の質問はすごかった。
短い時間で、安倍首相のもっている致命的弱点をつき、対案を提示していて学ばされます。
ぜひご覧ください。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-02-01/2013020104_01_0.html

質問を聞きながら書いた、私のつぶやきも紹介します。
私がつぶやかなかったこと――「慰安婦」問題など――でもとても大事な部分がいっぱいありました。

●志位さん。「安全神話をふりまき、安全対策をうたなかったことへの反省と謝罪こそすべきではないか」と質問。その通り!
●安倍首相が答弁。復興の根本転換もなし、福島原発事故の収束宣言も正当化。民主党政権と何も変わらない、ということが分かる答弁。
●安倍さんによると、企業の収益が向上すれば賃金があがるらしい。そんな事実が、この数年、いつあったんだ。
●志位委員長が、生活保護の引き下げ問題をとりあげた部分。”最低賃金の引き下げにつながるなど、国民生活に影響が及ぶ”という趣旨で質問したら、「そんなことはない」とヤジが飛んだように聞こえました。聞き違いかもしれませんが。国会議員でも、その関連が分からない人がいるのかな?〔このヤジは、「関係ない」というヤジだったようです〕
●志位さんの質問。「デフレ不況の原因が何一つ語られていない。例えるなら、的がどこか分からないまま矢を射るようなものであり、何本矢を放とうが、的はずれ」と指摘。安倍首相は、「企業収益が増えれば、賃金はあがるはず」とのんきな答弁をしていたから、志位委員長の指摘は的を得たものでした。〔「的を得た」の部分は、「的を射た」が正確でした〕

国会議員のつぶやきも紹介します。

高橋ちづ子さん「志位委員長が代表質問。原発事故について06年12月に吉井議員の質問主意書に対し、安倍総理が「安全の確保に万全」と答弁したことについて「安全神話について反省し、お詫び申し上げる」と答弁!30年代に原発ゼロをめざすとした環境・エネルギー戦略は「ゼロベースで見直す」と!」「志位委員長が、「河野談話」について質問。06年の安倍総理の答弁は、「いわゆる従軍慰安婦の問題についての政府の基本的立場は、平成5年8月4日の河野官房長官談話を受け継いでおります」というもの。今日は、「河野官房長官の談話であり、私からは・・」と答弁を避けました。どよめきが!」

井上さとしさん「志位委員長の代表質問終了。安倍総理は正面から答えようとせず、慰安婦問題では逃げの答弁。それにしても、前政権の原発稼働ゼロの方針が国民に不安を与えたとの答弁は許しがたい。前政権の方針もいい加減なものだったが、国民に不安を与えているのは原発推進ではないか!」
[PR]
by yohimata | 2013-02-01 12:36
<< 紙智子参議院議員を迎えて TPP阻止へ共同をひろげて >>