熱気あふれた演説会

山下よしき書記局長代行(参議院議員)と紙智子参議院議員を迎えた演説会が終了しました。

鹿内博・青森市長が来賓のあいさつをしたのですが、これが感動的でした。
紙智子さんも演説の冒頭で、鹿内さんのあいさつにふれ、「期待に応えてがんばる」と決意をかたっていました。

鹿内さんのあいさつと青年の感想について、ツイートしたので紹介します。

○演説会では、青森市長の鹿内博さんがあいさつ。「市長選は、政権党を相手にまわし、“勝てるだろうか”の思いもあった。しかし、ぶれない政治姿勢が市民の評価を受けて再選できたと思う。共産党のぶれない姿勢も、市民・国民に支持されると確信している。頑張りましょう」と語り感動をひろげました。

○演説会での青年の感想を紹介します。「共産党は夢物語を言っていると思ったが、現実にするための具体的な提案をしていることが分かった。20歳になる友人に、誕生日プレゼントで共産党のことを伝えたい」「自民党が基本的人権をうたった憲法97条をなくそうとしているのにビックリ」などなど。

演説会での私の訴えも動画でとってもらったので、紹介します。


[PR]
by yohimata | 2013-05-11 18:03
<< 大間原発の建設中止を 参院選まで、一日一日が奮闘を分... >>